読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

memory

 

私はカウンセリングを20歳のころから受けています。

必要だったから。今でも必要なんだけれど。

 

私はここにくるまえ、長らく別のところで書いていました。

それこそ10年くらいでしょうか。

 

けれど、あることが引き金となって、しつこいしつこい粘着に合いました。

私は、自分の中にいる「黒い感情」が好きではありません。

 

人間だから持っていても仕方のないことですけれど。

 

ただ、仕事で多忙を極め、勉強をしながら、家事をして、家の中ももめ

そんな生活の中で、私の心が真っ黒に染まりあがっていくのを感じました。

 

私は、そんな自分とずっと何とか回避していました。

けれど、書くことを生業としながら、書くことは吐き出すことに似ていて、

離れることができないのです。

 

それを侵害される怖さ、そして、関わっていた人たちへの損害リスク

 

そんなものを私は背負いきれることはありませんでした。

 

そこにあったのはだいじな宝物です。けれど、今の私は、それを守るよりも

私の心を守ることを選びました、弱いですから。

 

でも、今の私が元気でいないと未来は切り開けません。

 

本当は嫌だったし、本当は悲しかったし、本当は鉈をふるってあげたかった

 

でも、私は同じようにつるし上げてプライバシー暴いて、そんな行動はしないよ。

 

だって、それやったらおなじになっちゃうからね。