ヘルプマークは小さな叫び

私は、見かけは普通の女性です。

 

でも、実は内部障害をいくつか抱えています。

ヘルプマーク、ご存知でしょうか。

私も持っています。

 

私は耳がある音域が極端に両耳聞こえていません

うつ病を遺伝性で持っているため、具合が悪いと、席に座っていることもきついです。

小麦の得意アナフィラキシーなため、発作を起こせば呼吸が苦しくなって死んでしまうかもしれません。薬を打たないと確実です。

鍛えていても呼吸器が弱く、ぜんそく患者並みの肺活量しかないです。

 

それでも、世間の人にはそれは伝わりません。

私が普通に歩いて普通に音楽を楽しんで、普通にご飯を食べているからです。

哀しいことだし、嬉しいことですけれど

 

私にとってヘルプマークは命をつなぐものです。

そして、災害時に判断を誤らないためのものです。

 

 

ヘルプマークというと仰々しく聞こえるかもしれません

けれど、普段は確かに、普通に生活を送っています、私の普通の生活を。

その中でも、本当は少しだけ不自由しているんです

みんな元気じゃないのが普通だと思う人もいると思いますが

 

いわゆる内部障害の場合は、そういうことではありません。

いきなり具合が悪くなる人もいれば、

命に関わる人、いざという時に身を護るために。

そういういろんな形があります

 

具合が悪くて優先席に座っていても

「若いんだからどけ」そんなことをいう方もおられることも事実ですし

普通の席に座っていても同じです

それは、怪我をして目に見えても同じでしたけれど。

 

 

でも、いつも助けてほしいわけではないんです、私たちは

少し具合が悪くなったり、倒れたりしたときに、

少しだけ助けてほしい、お願いだから命をつないでほしい

そんな願いを込めてつけている人も中にはいます。

 

色んな人がいるんです。本当に色んな人がいるように。

日本語って難しい、思いやりも難しい。

私は、普通の時は普通に過ごしています。ヘルプマークは外してもいます。

普通に席も譲ります。

 

いつも助けてほしい、そんなことは思っていません。

ただただ、ちょっとでいいから、困ってそうな時は助けてほしい。

そんな小さな叫びなんです。

 

 

 

 

広告を非表示にする