鬼滅の刃

突然ですが、私は大のジャンプ好きです。

えぇ、女性28歳なのにジャンプ買ってます。毎週。

 

ジャンプ一筋10数年の人生を歩んでいます。

私の家は厳しくて、その隙間を縫うように漫画を読んでいたのがジャンプでした。

ずっとずっと大好きです。

 

大好きな作品、封神演義なんですけれども。

私、ここ数年のジャンプに少し「ん~、どうしたのかな?」って思う事がありました。

これから大丈夫かと。

 

私、でも、その中でもある日、とっても素敵な先生を見つけてしまったんです。

 

その先生はとっても優しい言葉の使い手でした。

世界観が優しすぎて、読み切りなのに、心をわしづかみにされました。

 

それが今、話題沸騰中の吾峠呼世晴せんせいでした。

 

その連載、肋骨さんのとき、先生の絵は上手いといえるものではなかったです

 

けれども何よりも何よりも

その空気、言葉、世界、全てに優しさや悲しさ、切なさ、希望、慈悲、

色んな良くも悪くもジャンプらしくない面が入っていました。

 

その時の言葉で忘れられない言葉があって

自分くらいは自分を大事にしてやりなさい。

そんな言葉だったんだと思います。

自分を大事にできない主人公(命も惜しくないとばかりに戦ってきた)

 

ヒロインが救われた後に、彼の境遇など知らずかけるこの言葉。

どっちが救ったのかわからなくもなります笑

 

でも、それで、主人公救われたというか終わりが爽やかな梅雨の晴れ間のような。

そんなことを思たのを覚えています。

 

今でも肋骨さん 心に残っています。

 

そして、今、呼峠先生、大活躍なさってて。

とても嬉しい限りです。

今でも、やはり先生の言葉は優しくて、慈悲深くて

ジャンプらしくなくて。笑

でも、そんな先生の作品がやっぱり大好きな私です。

 

どうか 2人の未来に希望が差し込みますように

私は炭治郎のパパの「約束だよ」あの一言気になる。

火の呼吸はもしかしたら、一子相伝とか、

鬼に対抗できる血を持つとかそういうものなのかもね。

 

そして、煉獄の兄貴。大好きでした。

先生のこれからのご多幸と、ご活躍を祈願しています。

 

広告を非表示にする