読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不思議な一致

私は、教科書に名前が出てくるある人の血を継いでいます。

といってもいわゆる分家なんですけど。

 

最近、そんな話を聞いて

最近、父が不在の時に、我が家が代々、どの宗教なのか聞きました

 

そのくらいの頃から、弟が結婚したこともあり

自分というものが何者なのか、どういう歴史の中で生きてきたのか知りたくなりました

 

私は兄弟の中でたった一人だけ、東京で生まれています。

そして一時期、祖父母のところにいたり、

東京と埼玉と千葉を起点に生活していました。

 

産土神社というのを知っていますでしょうか。

生まれたところで決まるそうですが、

何が起きても愛してくれる神様がいる神社だそうです。

 

私は それを知ったのは数日前なのですが

大学は産土神社から最も近い1キロ以内の大学に通っていました。

そしてごく短期間ですが4歳くらいの時に住んでもいました。

 

私は 大学は自分で選んで受けました。

「ここに入るね」って言って入りました。

「ここ嫌」って言って意図して落ちた大学がありました。

 

受かった大学だけは「ココ好きだと思う」といって

受けに入ったのを今でも覚えています。

 

そしてもう一つ、その神社はある祭りが有名で

それが私がたった一人で神社に行くようになったきっかけなんです。

 

 

上手く言葉にできないのだけれど、

3つの事象が重なるということは私はないと思っています。

 

とどめにもう一つ、「来い」といわんばかりに

そのお祭りがもう少しで。

 

人生って不思議なものですね