読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

L

私は中学生の頃にジャンヌダルクを聴き始めました。

ジャンヌが解散後、ABCもちょこちょこ聞いていました。

 

私は2011の震災で、友人の父母を失いました。

友人も被災地のひとで、その日のことは今でも覚えています。

だから2012が出たとき、救われたようでした。

あの日、私は彼女が 東京にいると思ってた自分を責めました。

余りの無力さに、立ちすくみました。

その後、彼女はなぜか音信不通になり、私は今も、悲しみを胸に生きています。

2011は私の中で2回起きたのです。

 

最近、Lを買いました。

yasuは常々、商業的な才能にたけた人だと思うのです。

もちろん歌い手としても非常に素晴らしい。

ジャンヌが解散した理由も、色々憶測がありますが納得してるものがあります。

 

でも、このLは私は本や映画は見ていませんが直感的にわかるのは

「Lは今の日本を象徴する作品」であるということでした。

だから、本になり、映画にまでなった。

 

Lはある女性の物語

美しい、それ故に、愛を求めただけなのに。

欲しかったのは愛、Lはそう愛がほしかっただけ

 

LのLは名前だけではないきっと

欲しかったLoveや要らなかったLieや、苦しかったLonly、

そして人生のLastに彼女はLは何を手に入れるのか。

 

今の時代は不安定だからこそ、

孤独で不安で動けなくて疑ってしまう人が多い

そんな心をyasuは見事にみぬいたんだなっておもって

彼の才能に、また驚かせられた