読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

18歳成人論

日本は18歳を成人にする流れのようですね

 

でも、これってとても怖いことだと私は思っています。

 

多くの人間が一番勉強するのは18歳高校三年生なんです

私は早生まれなので問題ないですが

 

18歳の4月生まれの子はタバコも酒も合法化されるということになります

 

つまり、受験勉強時にお酒を飲むこともできるんですね、

お酒もたばこも体に害だらけなのは立証済みです

 

受験期に脳細胞を殺す、記憶を殺す、この意味はどこにあるのでしょ

そして大学入学後もきっと、飲み会による、事故は消えないでしょう、もう事故ではなくなると思いますけれど。

 

何よりも恐ろしいのが税金関係です。

年金が加算されることが予期できますが、これは貧困家庭にとって大きな打撃です。

そして貧困ではなくても。

 

多くの家庭は、延期か、保険で親で払っています。

しかし、貧困家庭というのはそれすら知らないケースもあります。

また多くの家庭であっても、この税金の実質増額に耐えられるのかという話です。

配偶者控除が増額されたのも結局は、働けと言うことの証明です。

 

これは同時に、年金は破滅していることを指示していると私はとらえています。

財源がないから、搾取する場所を変えている。

 

政治は票のところにしか政策を投じません

その為、このような隠れた政策をとるのだと思っています。

 

でも子供は生まれないのに、その生まれた子供たちが背負っていく、

生まれた時点で背負っていく借金って今頃、どのくらいになっているのでしょう。

 

私たちは誰の為に生きているのか

国は誰のためにあるのか、18歳成人論は、そういうことまで問うている気がします。