共感覚もちに聞こえている音楽

私は共感覚持ってます。 色んな感覚を持ってる方がいて、天からの贈り物とすらいわれています。 数字に色がついて見える人、文字に色がついて見える人、 要するに本来の感覚では起こりえないことが同時におこるということです。 私は、声に味覚を感じます。 …

HYDE evergreen

私は音楽が大好きで、大好きで音楽が無いと生活に支障を来したりする。 特に、移動中とか作業中は音楽が無いと困る。 まぁ、働いてる時は大丈夫なんだけれど、基本欲しい。 数年に一度、楽曲に恋をすることがある。 恋と書いたけれど、ほんとうに恋で、眠れ…

安藤裕子 15th アニバーサリー

彼女に出会った頃のことを私はもうよく覚えていない。 ただ、次に覚えているとき、私は病に伏し、指先を動かすのも不自由だった その時によく耳にしていたのが 六月十三日、強い雨 隣人に、光が差すとき Lost,child この3曲だったと思う 音楽ってその人によ…

私が底から出ていく理由

私は、ある方のファンを11年ほど続けてきたけど たぶん、今年でそれを大幅に縮小しようと思ってる 彼の存在はとても大きくて、病に伏したときに大きな力になってくれたりと 大きな生きる理由でいてくれた なぜ、それでも抜けると決めたのか 単純にいうと好き…

10年周期

結構、たくさんの音楽を聴いて生きてきた。 面白いもので、10年でいろんなものの節目が来ることが多い。 FCを継続しようか悩んだり、 興味が薄れたり、はたまた新しいものを見つけてしまったり。 10年というのは、そういう時間なんだと思う。 その10年のジン…

死に向かっていく

私は人生のテーマは死んでいくことと還元していくことだと思ってる 名にも残さずに死んでいくなんてダサいじゃない。 些細なことでも残して伝えていければいつ死んでもいいなと思ってる。 私の人生はあまり後悔が無い、ないといった方がいい 何が起きても す…

毒親

私の親は毒親である 親の厳しさのあまり 心を壊し 寝込んでた時代もある。 その手のプロに見てもらってた時もある。 最近、再開しようかなと思ってるくらいである 私はライターの仕事の傍ら、教える仕事をしている夜に それで、帰宅時間が予定を1時間超える…

埋もれる才能

人間というのは、きわめて身勝手だ。 自分の世界で生きてるから自分の理解できないことは変だという それがとんでもない勘違いだとも知らず、恐れず 私には高校生の時教師から 絶対音感?と勘違いされた音感がある。 先生、最初の音はこれ?と、発声して確認…

匿名は盾なのか

ツイッターで、peingという質問箱がある 誰でも質問できるというものだ 私は、ある界隈で物議をかもしたことがある。 問題提起をしただけの、ただのモラル論議という話だ その時、めちゃくちゃに陰でたたかれたというか。 揚げ足を取られまくった。 そこから…

#me tooタグの恐ろしさ

某SNSで、#me tooというタグが流行っているらしい。 私も、その当事者である。 でも、私は、そんなことで騒ぐことにはあまり意味がないと思っている。 私は、特殊な職業の方の専属秘書として働いていた。 その方は、本当に仕事が出来すぎて意味が分からない…

明日の約束が私に遺したもの

明日の約束、フジテレビでここ数年でもっとも優秀な作品といってもいいのではないだろうか。 リーガルハイは、面白おかしく切り込んでいった その反面 明日の約束は 真正面から立ち向かっていった作品だと思う 真正面かつ丁寧に、 毒親、いじめ、学校、マス…

こたえ

私は元来、自分に自信がある方だ 生まれもそれなりに良い まぁ、容姿にコンプレックスはあるけれど、そんなものはどうとでもなる 自分が人一倍、努力家なのも頑張り屋さんなのも分かってる 努力ができることも。 仕事で大きな実績を出してきた。 でも彼を失…

あいしてない

女という生き物は厄介でめんどくさい。 忘れたふりをして、いつかその感情を思い出す 女々しいというのは、男子を指す言葉だそうだ でも、やっぱり女性だって、失恋すれば痛いものだ それがどんな別れだろうと どんな人であろうと 最近気づいたら ガタガタで…

笑顔の力

最近、やっぱりなんだか不安定だ 女性ならもともとそういう時期があると思うのでわかると思うが 私自身、やっぱりまだ抜けきっていない人格がいるみたいで、少し不安定だ。 昔の自分が、いなくなった気すらする。 何てこと思っていた。 こういう時って、人間…

町田樹という才能

私は、FPの試験で早稲田にお邪魔したことがある。 その時、ふと「町田君もここで勉強してるんだ…」なんて思うレベルのファンです 第九のプログラムで心を奪われて以来、ずっと私の中で唯一無二の存在。 でも、幕切れはあっという間にやってきて 目を離したす…

遅れてきた劣情

私は、失恋したわけでもなくて、振ったわけで 荷物を取りに行く日、自分でも驚くくらい感情を押し殺した。 それはイイことだったのか悪いことだったのか今でもわからない でも、私は、今でこそ文字が紡げるようになったけれど、 一時期、ほんとにそれができ…

私は幸せ 私の最期

もう何年も前から気持ちは切れていたのかもしれない そんなことを思うようになりました 少し前から 荷物を台風が接近する中、父と取りに行きました 大好きだった人のはずなのに、今はなんにもないの。からっぽ 2回目に実家に帰ったときから、もう婚活を始め…

私は幸せ あなたの答え

私は誰かと交際している間に、その人の悪口を言わないという約束があった。 自分のなかの自分の知らない約束みたいなことだった。 私は、誰一人として、かれの悪いところを言わなかった 言ったのは一緒に暮らし始めて喧嘩したことが多分初めてだろう だから…

明日の約束

私はいわゆる毒親育ちだ。 今となっては母親の方がまずいけど、昔は父親の方がまずかった。 いわゆる過干渉という家庭に育った 「こうしなければならない」 「こうでなければいけない」 「常にいい成績でなければいけない、いい子でなければいけない」 「何…

好きだったから憎むの

ねぇ、憎くて仕方ないわ。 憎くて憎くて、元婚約所が、憎くて仕方ない。 生活費を入れず、勝手に大きな買い物をして、勝手に旅行先を決めて、 私にも親に嘘もついて、親の財産目当てで、親に謝罪もせず。 ねぇ、私からどれだけのものを奪った? きっと自覚も…

ごめんなさいのメール その後

私は大学在学中に教授の秘書をしていたことがあります。 私にとっては師匠です。 その先生とは卒業して、しばらくたった今でさえなお、お付き合いがあります。 私はフリーで働いているので、たまに大学に顔出すんです。 そして、節目節目でメールも打つんで…

ごめんなさいの手紙

私は手紙を書くの趣味の一つだったりします。 趣味なのか、なんなのかよくわからないのですが、書くこと自体が趣味なんだと思います。打ち込むこともかくことも私には一緒です。 ある人のファンになってからそうなったんですけれども。 最近、長年付き合って…

思えば

思えば私の短い、共に暮らした時間は自分の持っていた習慣を壊したものばかりでした 私だけではなく、人というものは習慣とともに生きています。 食べ物からお風呂、全てのことが習慣として根付いているのです。 一緒にだれかと暮らすということは、それを破…

パパ 誕生日おめでとう

私の父は 非常に厳しい人で頭のいい人です。 そんな父の誕生日です。 今は尊敬しています、私が恐らくどんな努力をしたとしても父には勝てないです。 そのくらいの努力家であり、頭の持ち主です。 私の父は若いころ。 実家の工場を手伝いしながら、大学教授…

「私は幸せ 私の答え」

リリースが決まった時から、こころがざわついていた 「私は幸せ」 私はずっと心がざわついていた 私は幸せなのか、と。 その時の私は10年付き合った彼と同棲していたんだけれど 自分が自分でなくなっていたようだ。 まだ、実家に戻って時間はたっていないの…

私は幸せ 柴田淳

私は幸せ【初回限定盤】(CD+フォトブック) アーティスト: 柴田淳 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント 発売日: 2017/09/20 メディア: CD この商品を含むブログを見る 2つ載せちゃうあほの子です 私は幸せ【初回限定盤】(CD+フォトブック) アーティ…

引き継いでいくということ

私は、出自が少し特殊です。 いわゆるお嬢様といわれるのだけれど、本質はそんなことではないです。 私は、いわゆる自営業の娘です。 父や祖父が自営業、そして、私はフリーで仕事をしています。 兄弟はいるけれど、恐らく家の血を、性格という意味で継いだ…

偽りのキラキラが生む狂気という産物

昨日の七人の刑事は非常に秀逸だった。 田舎から恵まれない環境で出生し成長した犯人が都会に出てきて 偽りの経歴と顔でのし上がり、それがばれ、実は今も偽りの場所で真実の愛にあこがれ続けながら生きている。そして、その嘘で塗り固めた仮面がはがれそう…

生きづらさとは

生きづらいと25歳くらいまで思っていました。 生きづらいって、みんな思ってるし、メディアも煽りますよね。 今は全然生きづらくないんですけどね。 生きづらさに共通項があるかって考えると 社会に出て働いてても生きづらい。 何をしていても生きづらい。…

果たしてそこは美しいのか

アホとは付き合うな。 よく言ったものです。 私はあることが原因で、全くいわれもない、 自分の仕事まで顔も知らない他人に貶されたことがあります。ネット社会の闇ですね。 私は1円を争う仕事をしてたりします。 でも、思うのです。 何か間違った方向に行…