読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長澤知之 kumonoito 東京公演

 

久しく、天才だなと思うアーティストに会えませんでした。

14年前の私は14歳で山崎まさよしにはまりました。

そのあと、いろんなアーティストを経由していますが、

全員が、生き残っています。

そういうこともありますし、

元から高音が人並み外れた聴力のため

自分の持っている耳に絶対的な自信を持っています。

 

今から4年前、私はあるアーティストに出会います

長澤知之

 

山崎まさよしと同じオーガスタでありながら、

彼は秦君の陰に隠れてしまい、その特殊な世界や声もあったでしょう。

秦君と比べた時に、彼はどうしても後ろに位置してしまいます。

 

ある日、REDという曲を聴いたのです。

その曲は、表すのならば混沌という言葉がよく似合うような曲でした。

彼の声はアシッドボイスといわれています。

 

最初に聞いた時、とても苦手な声だったんです。でも、もう一度聞きたくなる。

それを繰り返していたら、いつか彼に魅了されている私がいました。

 

インタビューや詩の世界から伝わってくる彼の世界は

非常に混とんとしているようで鋭いガラスのようで、

優しさにあふれていてそれでいて、まっすぐな世界。

 

紡ぐ文字、安定しない、それでいて優しく強い声、私は完全にその魅了されました。

 

去年、GIFTというアルバムのイベントで

彼の生歌を聞いた時に、本当に胸を持っていかれました。

そのふり幅は素晴らしいものでした。

 

そして、Kumo no Itoツアーも参加してきました 東京

 

長澤知之の最大の魅力は何かといわれたら

魔力じみた深淵の見えないところと 慈愛に満ちた歌声の両立なのです。

 

マンドレイクをもじった可能性のあるマンドラゴという曲

ギターが見事に、まるで空間をゆがめるような音を奏でていました。

ギターが壊れても、マイクから離れて生でかきむしるようにはじくギター

声にすべてを込めたいようなように、ギターから手をはなして

ハンドマイクで歌うこともありました。

彼自身が飛びながら歌う弾く局面もありました。

 

そんなむき出しなアーティスト見たことないし聞いたこともない。

それが長澤知之なんです。

 

長澤知之ピカソや、晩年のモネを思い起こさせます。

ピカソはずっと書き方をかえていくタイプでした

 

若いころのモネの要素=美しさも彼にはあるのですが

晩年のモネ、眼が見えなくなり執念で絵をかいていました

その執念。その両方も感じるんです。私は。

 

ほんとうに素晴らしい時間だった

 

 

 

 

 

 

不思議な一致

私は、教科書に名前が出てくるある人の血を継いでいます。

といってもいわゆる分家なんですけど。

 

最近、そんな話を聞いて

最近、父が不在の時に、我が家が代々、どの宗教なのか聞きました

 

そのくらいの頃から、弟が結婚したこともあり

自分というものが何者なのか、どういう歴史の中で生きてきたのか知りたくなりました

 

私は兄弟の中でたった一人だけ、東京で生まれています。

そして一時期、祖父母のところにいたり、

東京と埼玉と千葉を起点に生活していました。

 

産土神社というのを知っていますでしょうか。

生まれたところで決まるそうですが、

何が起きても愛してくれる神様がいる神社だそうです。

 

私は それを知ったのは数日前なのですが

大学は産土神社から最も近い1キロ以内の大学に通っていました。

そしてごく短期間ですが4歳くらいの時に住んでもいました。

 

私は 大学は自分で選んで受けました。

「ここに入るね」って言って入りました。

「ここ嫌」って言って意図して落ちた大学がありました。

 

受かった大学だけは「ココ好きだと思う」といって

受けに入ったのを今でも覚えています。

 

そしてもう一つ、その神社はある祭りが有名で

それが私がたった一人で神社に行くようになったきっかけなんです。

 

 

上手く言葉にできないのだけれど、

3つの事象が重なるということは私はないと思っています。

 

とどめにもう一つ、「来い」といわんばかりに

そのお祭りがもう少しで。

 

人生って不思議なものですね

 

 

 

 

医療費控除とスティーブンジョンソン症候群救済法の関連性

医療費控除が改正になりました。

私は、これを完全な改悪としてみています。

 

それが何故か。

1、売薬というものに頼り切った場合、病院に行く際の医療費は莫大に跳ね上がる状態になってからということが予想できること。

2、アレルギー薬は特に、なんのアレルギーかもわからないで飲むことのリスク

3、アレルギー薬をはじめ最後に認可された第一類の薬品は非常に高価であること

4、SJSというアレルギーの中でも後遺症が残ったり命に関わる病気を圧倒的に発症している原因が売薬であること(これに対応できる医療体制の病院は多くない)

5、SJSは救済法があるもののそれは処方薬のみと記載されている事実

6、そもそも、医療費控除の対象になるには「治療目的」でなければならない

7、医療費控除に関して本当に申請できるのは限られた人間だけであるという点

 

私は父親、弟がロキソニンでSJSにかかっています。

また、父の友人もかかったようです。父と弟は間一髪で逃れ、父の友人は一週間入院しました。このSJSはスティーブンジョンソン症候群と言い、自己免疫疾患です。

薬を飲むことである日いきなり、飲んだことが原因で非常に強いアレルギー反応、アナフィラキシーショックよりも強いかもしれません、そういう状態に陥ります。

48時間以内に処置が行われなければ、命の保証が難しくなり、

加えて皮ふがただれたり、視力を失うという後遺症の事例も多数報告されています。

 

数年前までは20万人に一人とされました。

しかし、上述した通り、私の周りだけで3人が発症しています。

もはや確率が跳ね上がっていることは確実に見えることだと思います。

 

それに加えて、去年の暮でしょうか、新聞の広告に

SJSの救済法案が可決されたというのを見ました。

けれどそこには「処方薬に限る」といった記載があるのを私は忘れていません。

つまり、売薬でSJSになった場合に関して救済はないということです。

 

そもそもSJSという観点を見ただけでも

売薬で済ますというのは危ないんですよ。

プロのFPでも、推進してる人いますけど、

おそらくこのこと知らないで言ってる人いますよね。

 

加えて言わさせていただきますが、

医療費控除は世帯ごとで行うのが常ですが、それを行える人がどれだけいるかって話です。税金の類は、書類が違うだけでおっそろしく変わってきます。

確かにネットで練習もできますけど、どれだけの人がもれなくミスなく1年分のレシートを残すことができ、それを治療薬として税務署側が認めるかということも恐らく問題になってきます。

 

あくまで医療費控除の範囲になるのは

「治療目的」であって緩和目的とはどこにも書いてませんからね。

 

それでも、あなたは売薬で辛い症状を我慢し続けますか??

 

 

memory

 

私はカウンセリングを20歳のころから受けています。

必要だったから。今でも必要なんだけれど。

 

私はここにくるまえ、長らく別のところで書いていました。

それこそ10年くらいでしょうか。

 

けれど、あることが引き金となって、しつこいしつこい粘着に合いました。

私は、自分の中にいる「黒い感情」が好きではありません。

 

人間だから持っていても仕方のないことですけれど。

 

ただ、仕事で多忙を極め、勉強をしながら、家事をして、家の中ももめ

そんな生活の中で、私の心が真っ黒に染まりあがっていくのを感じました。

 

私は、そんな自分とずっと何とか回避していました。

けれど、書くことを生業としながら、書くことは吐き出すことに似ていて、

離れることができないのです。

 

それを侵害される怖さ、そして、関わっていた人たちへの損害リスク

 

そんなものを私は背負いきれることはありませんでした。

 

そこにあったのはだいじな宝物です。けれど、今の私は、それを守るよりも

私の心を守ることを選びました、弱いですから。

 

でも、今の私が元気でいないと未来は切り開けません。

 

本当は嫌だったし、本当は悲しかったし、本当は鉈をふるってあげたかった

 

でも、私は同じようにつるし上げてプライバシー暴いて、そんな行動はしないよ。

 

だって、それやったらおなじになっちゃうからね。

 

 

L

私は中学生の頃にジャンヌダルクを聴き始めました。

ジャンヌが解散後、ABCもちょこちょこ聞いていました。

 

私は2011の震災で、友人の父母を失いました。

友人も被災地のひとで、その日のことは今でも覚えています。

だから2012が出たとき、救われたようでした。

あの日、私は彼女が 東京にいると思ってた自分を責めました。

余りの無力さに、立ちすくみました。

その後、彼女はなぜか音信不通になり、私は今も、悲しみを胸に生きています。

2011は私の中で2回起きたのです。

 

最近、Lを買いました。

yasuは常々、商業的な才能にたけた人だと思うのです。

もちろん歌い手としても非常に素晴らしい。

ジャンヌが解散した理由も、色々憶測がありますが納得してるものがあります。

 

でも、このLは私は本や映画は見ていませんが直感的にわかるのは

「Lは今の日本を象徴する作品」であるということでした。

だから、本になり、映画にまでなった。

 

Lはある女性の物語

美しい、それ故に、愛を求めただけなのに。

欲しかったのは愛、Lはそう愛がほしかっただけ

 

LのLは名前だけではないきっと

欲しかったLoveや要らなかったLieや、苦しかったLonly、

そして人生のLastに彼女はLは何を手に入れるのか。

 

今の時代は不安定だからこそ、

孤独で不安で動けなくて疑ってしまう人が多い

そんな心をyasuは見事にみぬいたんだなっておもって

彼の才能に、また驚かせられた

 

 

 

 

誰が為に生きるのか

最近、そんなことをよく思います

例えば仕事を辞めるにしろ、恋人を選ぶにしろ

親が言ったから~

世間体がどうだから~ということを耳にします

 

でも、それってどうなんでしょうね。

 

私は、一流家庭の育ちの子を知っていますが、

本当に一流家庭の子っていうのはそういうものに確かに縛られているのかもしれません

なにかを犠牲にしてなにかを得て。

 

けれど、ほとんどのひとは、そうではないと思います。

何故なら、人はそれほど他人を見ていないからです。

それなのに、知ってか知らずか、それを言い訳にします

 

18歳成人論なんて、そんなものはとうの昔には予測されなかったことです

派遣社員、貧困家庭の激増、街コン、奨学金で苦難、そんなことを予想していた人は

20年前にどれだけいたでしょうか

 

つまり、昔の常識は全く通用しないし、

マナーや良識さえ覚えていれば、ある程度の知識さえあれば

それでいいんですよ

 

誰のために行き、誰の為に働き、誰を守り、

その答えは必然的に出るはずなんですよね

 

誰かのせいにして、自分で考えないぶつからない、そういうことを繰り返すから

誰かのせいにして生きて、ずっと永遠にそのままだと思って生きていく

本当にそうなってしまうもしくは、それ以下。

 

だって、20年前の常識も今の常識も

これから組み替えられていくものなのですから

 

 

 

 

 

 

18歳成人論

日本は18歳を成人にする流れのようですね

 

でも、これってとても怖いことだと私は思っています。

 

多くの人間が一番勉強するのは18歳高校三年生なんです

私は早生まれなので問題ないですが

 

18歳の4月生まれの子はタバコも酒も合法化されるということになります

 

つまり、受験勉強時にお酒を飲むこともできるんですね、

お酒もたばこも体に害だらけなのは立証済みです

 

受験期に脳細胞を殺す、記憶を殺す、この意味はどこにあるのでしょ

そして大学入学後もきっと、飲み会による、事故は消えないでしょう、もう事故ではなくなると思いますけれど。

 

何よりも恐ろしいのが税金関係です。

年金が加算されることが予期できますが、これは貧困家庭にとって大きな打撃です。

そして貧困ではなくても。

 

多くの家庭は、延期か、保険で親で払っています。

しかし、貧困家庭というのはそれすら知らないケースもあります。

また多くの家庭であっても、この税金の実質増額に耐えられるのかという話です。

配偶者控除が増額されたのも結局は、働けと言うことの証明です。

 

これは同時に、年金は破滅していることを指示していると私はとらえています。

財源がないから、搾取する場所を変えている。

 

政治は票のところにしか政策を投じません

その為、このような隠れた政策をとるのだと思っています。

 

でも子供は生まれないのに、その生まれた子供たちが背負っていく、

生まれた時点で背負っていく借金って今頃、どのくらいになっているのでしょう。

 

私たちは誰の為に生きているのか

国は誰のためにあるのか、18歳成人論は、そういうことまで問うている気がします。